虫歯治療はお早めに

虫歯って、別に虫にやっつけられるわけではないんですよね。
本当は、歯の成分が溶け出したした結果のことなんですって。
歯の象牙質が露出した場合、歯根に虫歯が生じるんですね。
これは、歯のかみ合わせ面とか歯間のすき間や歯根に近い表面なんかもっともなりやすい場所と言われています。
密閉された場所で歯垢が蓄積されると、歯間にすき間が生じます。
実は、これが問題なんですよね。この隙間こそ、しっかり磨かなければいけないところではありますが、こういうところは、歯ブラシが届きにくいんです。
ですから、デンタルフロスや専門機器を用いて隙間を磨くとか、定期的に歯医者さんで磨いてもらい、フッ素塗布などを施してもらう必要があります。
それでも、もし虫歯ができてしまったら、出来る限り早く治療に行くことです。
虫歯がとても小さいうちなら、きちんと治せますし、治療も長引きませんもの。
やはり、毎日のケアとしっかりとしたセルフチェックが必要です。
虫歯は、最初のころは痛みなどを伴いませんから気づきにくいことがありますが、それではいけません。
自分の歯は自分でしっかりとチェックしていきましょう。